上半期と下半期の表示

17:50 Tableau Japan 0 Comments

Nanaeです。お久しぶりです。

ここから数回、よくご質問を受ける計算式の書き方をご紹介しようと思います。コピペして使えるようにしておきましたので、ぜひご活用ください。

今回は、日付のフィールドに上半期/下半期を表示させるには?という疑問に答えます。

 

Tableauでは、行列に入れた日付のフィールドをクリックするだけで簡単に、年→四半期→月→・・・とドリルダウンさせることができます。
でも、年と四半期の間に上半期・下半期がありません。これを表示させたい!という要望を時々聞きます。上半期・下半期を表す計算フィールドを作成して、それを年と四半期の間に入れ込むことで実現します。

Tableau Desktopに同梱されているスーパーストアのデータを使用し、日付フィールドは[オーダー日]を使って説明します。

まず、16月を上半期、712月を下半期とする計算式を以下のように作成してみます。

IF  month([オーダー日])<=6 THEN "上半期" ELSE "下半期" END
これを図のように日付フィールドの中に入れると、きちんと上半期と下半期が表示されました!


では次に、会計年度が4月だった場合どんな処理が必要になるでしょうか?

最初に会計年度を4月に変えます。
ここでは元の日付フィールドを複製して、複製したフィールドの会計年度を変えました。


そして、49月を上半期、103月を下半期となるように、次のような計算式を書きます。


IF month([オーダー日])>=4 AND  month([オーダー日])<10 THEN "上半期" ELSE "下半期" END

これを、年と四半期の間に配置します。
また、確認のために、会計年度を変更していない元のフィールドも同時に一番左に入れておきました。


すると・・・会計年度が1年うしろにずれています・・・!2011年は、3月までが2010年度で4月からが2011年度になるはずですが、2011年の中に2011年度と2012年度が存在しています。

これは締め日で年度を表していることが理由なので、マイナス1年する計算フィールドを作成します。こちらのフィールドを使って年・四半期・月を表現します。

DATEADD("year",-1,[会計年度を4月にしたオーダー日])


これで、会計年度が4月開始の日付フィールドで上半期・下半期を表現することができました

Nanae

ダウンロードはこちら↓

0 コメント: