ディメンションのラベルを上部に表示

12:14 Nanae 0 Comments

Nanaeです。こんにちは。

今回は、ディメンションのラベルを表示させる場所に関してのTipsです。

下部に表示されているディメンションのラベルを上部に表示できますか??
これをしたくなるときは、次の2つの場面があるかと思います。

1. 列に2つ以上のディメンションが入っているとき、全てのディメンションのラベルを上部に表したい
2. 列にディメンション、行にメジャーが入っているとき、ディメンションのラベルを上部に表したい

まず1つめ。

1. 列に2つ以上のディメンションが入っているとき、全てのディメンションのラベルを上部に表す

↓こんな感じのレイアウト。ピンクのラベルの位置に着目してください。


デフォルトでは、列に2つ以上のディメンションを置くと、列の一番右にあるディメンションはビューの下部にラベルがついて、一番右以外にあるディメンションはビューの上部にラベルがつきます。


たくさんディメンションがあっても、1本1本の棒の下にラベルがつくのでわかりやすいですね。このように一番右側のディメンションだけ下部に表示するのがTableauのベストプラクティスです。が、場合によっては縦に長すぎてスクロールしないと下部のラベルが見えない・・・などの理由から、すべてのディメンションを上部に表したいこともあるかもしれません。

そんなときは、ここから指定してください。

分析 > 表のレイアウト > 詳細から一番下のチェックを外す。
これ実は設定項目の1つとしてあったんです。


このように、メニューの中には細かい設定ができる項目がいくつも隠されていますので、ぜひいろいろ触ってみてくださいー。


2. 列にディメンション、行にメジャーが入っているとき、ディメンションのラベルを上部に表す

メジャーをディメンションで分けた縦の棒グラフを作ったとき、デフォルトは下部にヘッダーが表示されますね。(左のビュー)


右のビューのように、上部に表示することもできますよ!これはナレッジベースに日本語でまとまっていましたので、次のURLからご確認ください!!
http://kb.tableau.com/articles/knowledgebase/moving-headers?lang=ja-jp

作成したワークブックのダウンロードはこちらから↓

Nanae

0 コメント: